ゲーム業界で働くCGデザイナーの転職体験談

3Dデザイナー(CGクリエイター)としてゲーム業界で働いている管理人が、過去2回の転職経験を元に、体験談や効率的な転職活動のコツを紹介しているブログです。

面接について知っておいた方がいいこと

前準備と気をつけること

・企業研究=その会社のゲームをやる

面接の前準備として企業研究があると思いますが、その中でもやっておいた方がいいのは、その会社が開発しているゲームをプレイすること。1本だけ、数時間だけでいいので、代表作くらいはプレイしておきましょう。ゲームをプレイする中で、このCGはどうやって作っているか、良さはどこか等々、いろいろ気付く点があると思います。(疑問点を面接で聞けたりするので、話のネタにもなります)

・面接を受けるスケジュールはなるべく同時期に

複数の企業に応募する場合、内定の結果がでる時期が同じになるように、スケジュールを調整するのが理想的です。(そうはいっても中々難しいとは思いますが…)ポイントとしては、応募の時期を同じにすること。もしずれた場合でも面接が複数回あると思いますので、その日程調整で、ある程度寄せることはできるかと思います。志望度の低い会社の内定が早々に出てしまった場合の、心理的負担を減らすためにも、できれば注意しておきたい点です。

・こなせば慣れてくる。最初に本命は危険。

いくら人と話すことが得意な方でも、最初の面接は驚くほど上手くいきません。面接はこなせばこなすほど慣れてきます。最初2~3社くらいは緊張して受け答えがあやふやでも、数をこなせば安定して受け答えできるようになります。なので、第一希望の会社の面接は、活動の中盤以降にしておくのが無難です。最初の面接は(言い方は悪いですが)、落ちてもいい会社にしておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

一般的な面接対策資料

海外サイトですが某エージェントの資料がアップロードされていましたので(…)もし参考になりましたらどうぞ。(重いページですのでPC閲覧推奨です)

http://wenku.baidu.com/view/a4c94fd43186bceb19e8bb0a.html


公開日:
最終更新日:2014/11/16